今日は節分の日ですね。

本来は2月3日に限らず、
各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを、
「季節を分ける」ことをも意味して節分と言います。

2月3日の、立春の前日の節分に行われる、
伝統的な行事について、今日は一緒に勉強しましょう。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、
それを追い払うための行事として、
豆撒きなど行事が行われることになったのです。

各季節の変わり目でも、
特に立春が1年の初めと考えられることから、
「節分」といえば春の節分を指すものとなったそうです。

その流れから、立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたり、
前年の邪気を祓うという意味をこめて、
追儺の行事が行われていたわけです。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

7世紀末、中国から文武天皇の頃に日本へ伝わりに、
陰陽師によって、宮中の年末の悪鬼・疫癘を追い払う、
追儺の行事として行われていましたが、

江戸時代頃から民間に広まり、立春の前日に行う清め事となりました。

①一般的には「福は内、鬼は外」と、声を出しながら福豆を撒いて、
  年齢の数だけ、豆を食べて厄除けを行う。

②イワシの頭を柊などに刺して、戸口に立て邪気除けを行う。

③恵方巻(太巻き・巻き寿司なども)を、
  節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、
  願い事を思い浮かべながら丸かじりする。

④節分そばを食べる。

など、地方や神社などによって異なってきますが、
こうやって厄除けや縁担ぎの行事が行われています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

恵方巻については、
縁を切らないために包丁を入れず、
福を巻き込み、まるごと食べることで、
恵方巻などの巻き寿司になったそうです。

恵方巻きを食べる風習は大阪が発祥で、
大阪海苔問屋協同組合が、
道頓堀で行った行事をマスコミが取り上げて全国に広まったそうです。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

節分そばとは、江戸時代後期まで、年越しそばと言われていたそうで・・・。

頭のいい方はここでお分かりだと思いますが、
立春の前日の節分は大寒の最終日、
つまり冬から春への節目の日で、旧暦で言うところの大晦日なわけで、
立春が年の改まる日ということで、
節分に食べるそば(節分そば)を、年越しそばというわけです。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

いろいろと今日はうんちくが長くてすみません(-_-;)
読み辛かったでしょうが最後まで読んでくれたそこの貴方!有難う(*゚∀゚)っ

今日の夜は、日本のあちこちで、
豆撒きやら恵方巻かぶりつきが行われていることでしょう!

なんか、話によると奥様達は晩御飯の用意がラクでいいみたいですよ~(。・ω・)ノ゙