足跡

当ブログは98%生活に必要の無い内容で構成されていきます! 覗いていただいて少し寛げれれば幸いです♫

タグ:美術

行ってきました豊橋市美術博物館!
生誕120周年木村荘八展】

CA3H21580001

美術展へ行くことが多くなり、豊橋市美術博物館にも、
ちょくちょくと来ることが多くなりました。

img096

実は、どんな人なのか知りません(^_^;)

CA3H21590001

木村 荘八(きむら しょうはち 1893年8月21日 ー1958-年11月18日)は、
東京府出身の洋画家、随筆家、版画家。

西洋絵画を勉強し、東京の風景や人々、生活風景を描いていた画家。

俺の生まれる以前に活躍してた画家さんなのか・・・。

img097

その時代に影響された画家の描き方がわかりやすい。

初期は大胆でインパクトある絵がき方で、
年数とともに、タッチが細かく、細部まで描くようになっていったり、
挿絵の仕事の頃になる徐々に漫画タッチに変わっていったりと、
木村荘八の変化がよくわかりました。

絵の研究所で友達だった、
『岸田劉生』、『中川一政』、『高須光治』の作品もありました。

前半は、自画像、人を描く作品が多く、
後半は挿絵の紹介ばかりなのと、絵画は風景画が多くなります。

ゴッホのように大胆な描き方をする初期作品が、
個人的にはインパクトがあって好きだったかも・・・。

2013年7月7日までですので・・・明日までです。
興味ある方は、豊橋市美術博物館行くならいつ?

今でしょ!

img098

次と豊橋市美術博物館は・・・夏休み企画。

【こわい

これ、むっちゃ行きたいです!

最近注目しているアーティストがいます。

入江 早耶(Saya Irie)

岡山県生まれの、
広島を中心に活動する若手アーティストです。
やまねこ
石鹸での作品など、いろいろな作品がありますが、
俺が注目しているのは、
消しゴムで消した印刷物を、その消しゴムのカスでダスト造形するという芸術!

見て下さい、後ろの焼酎のヤマネコが消えて手前でダスト造形になっています。
因みに、くわえているスルメは、他のスルメの写真を消して造ったもの。
切手
こちらは、切手の中の灯台を消してダスト造形させたもの。
他にも、観音様の掛け軸やらえびす様、
お札などの野口英世や鶴などもダスト造形されています。

消すのも大変ですが、それで立体化させるとは・・・。

一番やりやすい消しゴムは、
いろいろ試した結果100円ショップのが一番良かったんだとか・・・。

彼女の美術展があったら見に行きたいものです。


お店のお客様にチケットをいただいたので、早速行ってまいりました!
今日(2013年2月22日金曜日)より、豊橋市美術博物館で開催中!
【鬼・オニ・ONI展👹】
CA3H03150001
最近はちょくちょくと来てますなぁ・・・豊橋市美術博物館。
img021
この世のものでない世界に興味がある俺・・・。

妖怪や幽霊とかいてもいなくても見たくないですが、
何故か興味を惹かれます。
怖いもの見たさなのか?
img022
思っていた内容より、お面の展示数とにかくが多かった・・・。
絵画系がも少しあると個人的には面白かったかな?

こういうのは気味悪がって、描く人は少ないかもね・・・。
じゃ、俺が描いてみようかな・・・。

と、いうわけで・・・10分ほど、久しぶりに今日の感想を描いてみました。
img023
こんな感じ・・・久し振りすぎて、筆がすすみにくかった・・・('A`|||)


【クリムト黄金の騎士をめぐる物語
img012
生誕150周年記念で行われている展覧会で、
丁度行きたいと思っていたのですが、
まさか日展の会場の上の階でやっているとは・・・。

チェックしていなかったので知らなかったです。
なんか、ラッキーな気分・・・。
CA3H11380001
会場
愛知県美術館
名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階 
TEL 052-971-5511(代) FAX052-971-5604
                     http://www-art.aac.pref.aichi.jp/

会期
2012年12月21日(金)ー2013年2月11日(月・祝)
10:00-18:00(金曜日は20時まで、入館は閉館30分前まで)
休館日は毎週月曜日
img013
グスタフ・クリムト(1862-1918)は、
ウィーンの世紀末美術を代表する、帝政オーストリアの画家です。

日展を見に行った後だったせいか、クリムトの凄さがいっぺんでわかります。
正直最初からびっくりしました。

作品数はそんなにないのですが、
クリムトの生活にかかわったウィーン工房の作品も展示されており、
そちらも興味深い特徴あるデザインと技術が面白かったです。

異なる領域の作品の中に、
同じモチーフやフォーマットが繰り返し使われるという現像が生み出す、
総合芸術(Gesamtkunstwerk)が、見所で勉強になります。

こちらも、2月11日までなので、興味ある方は、
日展とともに行くと芸術を堪能できる1日を過ごすことができますよ!

週末(明日)にでも行ってみてはどうでしょうか?

このページのトップヘ