足跡

当ブログは98%生活に必要の無い内容で構成されていきます! 覗いていただいて少し寛げれれば幸いです♫

タグ:綾瀬はるか

【海街Diary】
海街Diary

吉田秋生による漫画を原作を、
是枝裕和(監督・脚本)が実写映画化。


第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。



主人公の4姉妹を演じたのは、
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、
の4人が主演という豪華キャスト!



【勝手な評価】
 ★★★☆☆  ★★★★★ 
 ★★★☆☆  ★☆☆☆☆ 
 ★★★☆  ★★☆☆☆ 
 ☆☆☆☆☆  ★☆☆☆☆
 

芸 芸術度(映像美・音・音楽・特撮の凄さ・想像力)
癒 癒し度(ほんわかな雰囲気・可愛さ・のんびりできる・うっとりする)
頭 構成度(展開の考慮・アイデア・推理や思考)
驚 迫力度(臨場感・スピード感・アクション・ハラハラ・ドキドキ・恐怖感)
心 感動度(泣ける・心にしみる・教訓・愛)
楽 愉快度(笑える・ギャグ・ユーモア・ジョーク・面白さ)
悪 残酷度(不愉快・罪悪感・グロテスク・気持ち悪い・エグイ・非情)
他 その他(歴史・文学・文化・エロス・インパクト)

この8項目を☆☆☆☆☆で、勝手に個人的評価します。
個人的感想なので、あくまでも参考までに・・・。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


《あらすじ》

鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳。

そんな彼女たちのもとに、
15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。

葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、
そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すずと対面する。

身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、
気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。

その姿を見た幸は、
彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。

こうして鎌倉での生活がスタートするが・・・・・。 

 (シネマトゥデイYAHOO!映画より)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なんと言えばよいのか、
まとめれない自分が恥ずかしいが、
生きるというめんどくさいことや、
血の繋がりと家族のカタチ。

僕らでもある、親と似ている部分で、
嫌な所、好きな所、
同じ血が流れてるから許せないが理解もできる。

様々な感情が描かれていてる是枝的作品なんでしょうね。

それと同時に、
鎌倉の四季を通しての良さと、
のんびりとした雰囲気が、
ドラマ『最後から二番目の恋』とかぶります。

鎌倉に住んでみたくなります。

鎌倉に旅行に行きたくなります。

そして広瀬すずちゃんの役柄もすずちゃんなのね。

あと意外と葬式シーンが多いのは、
これからの自分とかぶるけど、
彼女たちには早すぎるという点で、
苦労だったり 、切なさだったり、
生きる大変さだったり、
いろいろな感情が浮かぶ映画でもありました。

 

【おっぱいバレー】



水野宗徳の小説が、2009年に映画化されました。

原作者の水野がラジオの構成作家時代に、
番組中の電話で、
男子バレーボール部の顧問をしている女性教師から聞いた、
「優勝したら部員におっぱいを見せる」
と、いう実話をヒントに創作された、
フィクションのオリジナル作品。

【勝手な評価】
 ★★★☆☆  ★★☆☆☆ 
 ★★☆☆☆  ★★☆☆☆ 
 ★★☆☆☆  ★★☆☆☆ 
 ★☆☆☆☆  ★★★☆
 

芸 芸術度(映像美・音・音楽・特撮の凄さ・想像力)
癒 癒し度(ほんわかな雰囲気・可愛さ・のんびりできる・うっとりする)
頭 構成度(展開の考慮・アイデア・推理や思考)
驚 迫力度(臨場感・スピード感・アクション・ハラハラ・ドキドキ・恐怖感)
心 感動度(泣ける・心にしみる・教訓・愛)
楽 愉快度(笑える・ギャグ・ユーモア・ジョーク・面白さ)
悪 残酷度(不愉快・罪悪感・グロテスク・気持ち悪い・エグイ・非情)
他 その他(歴史・文学・文化・エロス・インパクト)

この8項目を☆☆☆☆☆で、勝手に個人的評価します。
個人的感想なので、あくまでも参考までに・・・。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


《あらすじ》

以前の学校で、ある事件を起こし、
生徒からの信頼を失い、自信を失いかけていた寺嶋美香子。

新任臨時教師として三ケ崎中学校に赴任してくることになる。

女の子のことしか頭になく常にエッチな妄想ばかりの、
やる気の無いダメダメの男子バレーボール部の顧問になる。

そんな部員達を奮起させようと、
「あなた達が頑張ってくれるなら先生なんでもする」と宣言!

すると部員達は、
「試合に勝ったら先生のおっぱいを見せてください」と言い出す。

最初は断った美香子だが、成り行きで約束した事になってしまう。

部員達は、おっぱい見たくて一生懸命練習に励むようになるのと、
美香子も失いかけていた自信も取り戻していくが、

「おっぱいは見せたくない、
でも試合に勝って生徒達に勝つ喜びを教えてあげたい」

と、いう複雑な思いを抱えていた。

試合を間近に控えた頃、
「おっぱいの約束」が学校に知られて大問題となるが・・・・。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

予想通りの展開でしたが、全体的にまとまっていて、
笑いあり、感動ありと、最後まで楽しく観れました。


このページのトップヘ