足跡

当ブログは98%生活に必要の無い内容で構成されていきます! 覗いていただいて少し寛げれれば幸いです♫

タグ:愛知県

もう廃墟になっていますが、
以前、TV番組『なにコレ珍百景』でもご紹介されました建物。

久し振りに見ましたのでご紹介。

PICT_20151110_175127

その怪しげな建物は、
岩屋キャノンボールの一号線挟んだ真向かいにあります。

PICT_20151110_162741

夕方に来ましたので、
暗がりで見えにくいですがご了承ください。

PICT_20151110_162817

こちらの建物がその物件です!

じつはこの家、トレーラーハウスなんだとか。
 
もうやってないですが、
以前は雀荘だったみたいで、 
階段登り口壁にはネオンがまだ残っており、
麻雀ひっくりかえると残っております。 

老朽化も進み少々危ないですよね。

いつまでここにあるかはわかりませんが、
まだ見れてご紹介で来たので良かったです。

 

【嵩山蛇穴】
1438689981820

1438689989703

1438689996437

嵩山蛇穴の麓に広がる池で、追間ケ池

1438690002525

嵩山蛇穴近くにある、水穴という洞窟。

小さくて普通に入洞不可能ですが、
洞窟から湧き出る水を触れたり飲んだりできます。
 

その水を汲みに来ている人もいるぐらい。


1438690005536

嵩山蛇穴(すせじゃあな)。

嵩山(すせ)が、ここら辺の土地の名前で、
蛇穴は、その昔に大蛇住んでいたためと言われています。

俺が子供の時からもう聞かされていました。 


昭和32年、国の史跡に指定されました。

標高140mほど林道を登り、山腹にあります。

縄文草創期(紀元前1万年)~
早期(紀元前7000~4000年)の洞窟遺跡だそうです。

洞窟は入口で高さ約1.3mあり、
入り口は狭く、内部は広く、現在約70m奥まで入れます。

1438690017969

林道から石段を登るとすぐに洞窟の入口辺りに到着します。


この日も入り口辺りに蝙蝠が何匹も飛び交ってました。

発掘調査によると、
約1万年前の表裏押圧縄文土器や押型文土器、
石器や骨角器などがあり、
獣骨や魚骨、貝殻などの食べかすも発見されていて、
人々が生活した痕跡が見つかっています。

その他にもこの辺りにはいろいろと言い伝えがあり、
蛇穴がこの洞窟が長野県善光寺にまで通じているという伝説や、
洞窟内に埋蔵金が残されており、
それを守る武者がいたとも伝えられています。


場所 愛知県豊橋市嵩山町字浅間下92


着いたら、カメラを車に忘れた為、
一緒にいた、やっちゃんの写真を使わせていただきました。

 

このページのトップヘ