足跡

当ブログは98%生活に必要の無い内容で構成されていきます! 覗いていただいて少し寛げれれば幸いです♫

タグ:天に月

うまい日本酒東海版
PICT_20150921_021316

MOOKぴあより、
2015年9月17日に発売されております。

東海エリアの日本酒最新情報が満載!

日本酒がおいしい季節がやってまいりました。

そんなこの時季にぴったり!

「全国銘酒図鑑」や、
うまい日本酒の選び方、用語集など、
初心者にもわかりやすい基礎知識など、
いろいろとお役に立ちますよ。

907円 で、発売中!
 
昔からお世話になっています、
知り合いのお店 天に月、地に山 さんも、
載っております。

 

二月の最後の定休日のお話ですが、
天に月、地に山 さんで行われた、
日本酒の会の出品酒を飲ませていただくことができました!

PICT_20150224_190136

結構な年数を寝かした古酒ばかり。。。。

凄いです!

PICT_20150224_190208

まず、愛媛にあります、岡酒造の醸す日本酒。

かちとき 源清流清 大吟醸 山田35% 8BY


酒名は日清戦争の勝利を祝して付けられたものだそうです。

ラベルには、
「源清ければ流れ清し」 と書かれています。

自分はこの銘柄飲む事自体初めてですので、
比べようが無いのですが、
店主のお話によれば、
大吟醸の綺麗さはそのまま残っており、
熟成により辛さが際立っているそうです。

熟成酒の濃いイメージより、
スッキリと飲みやすく綺麗なイメージだったと思います。



そして、福岡にあります、(株)杜の蔵の醸す日本酒。

杜の蔵 黒田城 大手門 純米大吟醸 生 9BY 


こちらも初めて飲む銘柄なので、
比べようが無いのですが、店主さんによると、
純大の綺麗さは損なわれる事なく残っており、

フルーティーささえ感じられるのは驚いたそうです。


生をこれだけ寝かせているものを飲むのも初めてで驚きですが、
こちらも非常に口当たり良く、
始まりの二杯とも長い年数寝かされた個人的なイメージとは違い、
落ち着いている所は熟成の感じなのですが、
透明感があり美味しかったです。

 PICT_20150224_191522

3本目は、奈良にあります、(株)大倉本家の醸す日本酒。

金鼓 純米吟醸 袋吊り 斗瓶囲い 山田50% 11BY 


こちらも初めて飲む銘柄・・・・。
意外と飲んで無いものばかりのおいら(-_-;)

店主によると、アルプス酵母は、
あまり熟成に適してないイメージで心配していたそうですが、
大丈夫だったそうです。


そしてそして、
新潟にあります、渡辺酒造店の醸す日本酒。

根知男山 吟醸 生 2007 


4本目にしても、飲んだ事無い銘柄(^_^;)

店主によると、もう5年くらい寝かせたほうが、

もっと、熟成して力を発揮したと思ったそうです。


2本とも充分美味しく、
どう比べて良いか経験不足俺には勿体ないぐらい・・・・。

それにしても、
いろいろと勉強になります!

PICT_20150224_193216

ここに来て、やっと飲んだ事あるお酒の登場です(苦笑)

超有名銘柄ですよね!
山形にあります、高木酒造の醸す日本酒。

十四代 中取り 純米 無ろ過 生 2002


凄いですよね。
こんなに寝かせているなんて驚きです!

自分も何度か同じものを飲んだ事もあり、
当店でも仕入れた事もあるお酒です。

もともと口当たり良く飲みやすい味わいですが、
その感じに磨きがっかかったと言いましょうか、
旨味がのっかる感じで、味わい深い美味しさが素晴らしかったです。

店主いわく、
元々それ程強い酒質ではないので、
10年を越える熟成に耐えれるか不安だったそうです。



そして、福島にあります、曙酒造の醸す日本酒。

天明 純米 無ろ過 生 2003


こちらも飲んだ事ある銘柄なのですが、
ただ、年数を考えると、
当時の杜氏さんの造り(味)が今とどう違うか気になるところです。

ほんのりととりとしていて、

熟成感=落ち着いた感じとコクが美味しかった!

PICT_20150224_194544

そして、7本目に入りますが、
大阪にあります、秋鹿酒造の醸す日本酒。

秋鹿 山廃 純米大吟醸 無ろ過 原酒 山田50% 2002 


秋鹿は、個人的にも好きな銘柄。

いろいろな奥深い味わいを感じることができる一杯でした。


濃厚さ、酸と旨味、重さがハーモニーを奏でて、
じっくりと味わえる貴重なお酒でした。



最後になりますが、
島根にあります、(株)酒持田本店の醸す日本酒。

山サン正宗 古滴 純米吟醸 60% 10BY 


今は亡き杜氏さんの醸したお酒だそうです。

山サンは、飲んだ事無い銘柄。 


古滴は、酒蔵で古酒として出荷される銘柄。
それを、天月の店主が、更に自分で寝かせたそうです。


重さもある濃~い味わい。


最後に出てくるのにピッタリの味でした。


以上、まず一生飲めない貴重な古酒達を、
ゆっくりと楽しませていただきました!


貴重な体験、経験、本当に勉強になりました。

天月さんご馳走様でした。


 



【天明 純米無ろ過 2004
PICT_20140318_180407

天に月、地に山 さんで、いただいた貴重なお酒。

福島県にあります曙酒造の醸す日本酒。

しかも、天月さんが10年も寝かしています。

どっしりとした、
地に足がついているかのような深い味わいと、
年齢を重ねた複雑な味わいが絡み合った、
なんとも説明できない良さがある一生飲めないお酒ですね!

とても勉強になりますね。
近くに、こういったお店がある事に感謝です。

【アリサワ純米吟醸槽搾り無濾過19BY
CA3H33560001

高知県にあるアリサワ酒造の醸す日本酒。

日本酒を勉強しだした自分にとって、
初めての聞いたことも無い酒蔵と銘柄にドキドキワクワク。

本来、キレの良い辛口のお酒で刺身にあいそうな日本酒なんだそうです。

そこは、飲ませていただいた天に月、地に山さんだけあって、
5年ほど寝かせてあるんだそうです。

熟成を経て、深みを増してもっと美味しくなっています。
この年になって日本酒に目覚めましたが、
ほんと美味しくって幸せです!

【三連星番外編純米渡舟6号無濾過生原酒
CA3H20310001

滋賀にある美富久酒造の醸す日本酒で、
天に月、地に山さんで飲ませていただきました。

今年より特別に醸す「三連星番外編」なんだそうで、

三連星特約店の中でも一部の店舗限定販売酒なんだそうです。

「三連星」ブランドで通常発売している3種の商品の、
それぞれのお米を混ぜて造られている番外編は、
通常商品では味わえない特別な・・・まさに番外編ですね!

口に広がる芳醇でみずみずしい酸味と濃厚な旨みが、
もぎたての果実を思わせるフレッシュな日本酒です。

精米歩合60%の純米無濾過生原酒で、ほんと美味しかった!


このページのトップヘ