足跡

当ブログは98%生活に必要の無い内容で構成されていきます! 覗いていただいて少し寛げれれば幸いです♫

タグ:ウィスキー

【OCTOMORE】
PICT_20160716_003213

当店では高級なので入れる事の無いシングルモルトを、
セブンスヘブン が入れたそうなので、
久し振りに仕事終わってから飲みに行ってきました!

右の黒い方は、

オクトモア 06.1 スコティッシュ・バーレイ

ブルイックラディ蒸溜所の、
シングルモルトウイスキーオクトモアの第6弾。

世界で最もヘビリー・ピーテッドなウイスキーと言われています。

物凄いピート香!

よく言う、保健室や正露丸の香りがとにかく凄いです。

口当たりは軽やかですが、
複雑かつ魅力的なアイラ系好きな人なら、
安定感を感じます。

そして、左の白い方は、

オクトモア 06.3 アイラ・バーレイ

こちらは、先程のものと違い、
倍近くするだけあって、
上品な旨みと豊潤さを兼ね備えて、
まったくの別物です。
 
正直、感動してしまいました。

やはり、高いお酒は美味いに間違いありませんね!!

 

ウィレットファミリーリザーブシングルバレルライ】
PICT_20140624_014351

ウィレット蒸留所が、
ケンタッキー・バーボン・ディスティラー社
(ノアーズ・ミル、ローワンズ・クリークもリリースしている)
に、社名変更し、ウィレット名義でリリースしたライ・ウィスキーです。

こちらは、3年物になります。

個人的には、ライはあまり好きでは無いのですが、
3年という若さを感じさせないどっしりとした味わい。

ライウィスキーのライトな口当たりはありつつも、
香りがしっかりと出ているので、
ココから寝かし熟成されたものを想像すると、
凄いライウィスキーになるんじゃないでしょうか。

これから月日経ったものを、
飲む機会が訪れる事が楽しみになります。

【玉泉堂地ウヰスキー】
PICT_20140211_213150

岐阜県は、銘酒「美濃菊」で有名な玉泉堂酒造の造る地ウィスキー。

養老の滝で有名な名水の里で生まれた、
20年古酒がブレンドされた地ウイスキーです。

ここ数年、ハイボールブームが到来して、
大手のウィスキーだけではなく、
日本の国産ウイスキーが改めて見直されていますが、
いままで造られた地ウィスキーは、
人気が無くあまり知られていなかった為、
老舗蔵元の奥深くに長期熟成されたモルトが多く眠っております。

そのままストレートで味見をしましたが、
まるみがあって穏やかでふくよかな味わい。

ハイボールや水割りにしたら、さぞかし美味しいでしょう。

【JIM BEAM 100MONTHS OLD 80Proof
CA3H01760001
昨日紹介したバーボンの次に飲んだバーボンです。

ジム・ビームは有名なバーボンですが、
THE SATURDAY EVENING POST誌とジム・ビームがコラボした、
色々なラベルの陶器ボトルがリリースされた中の一つみたいです。

味もまた格別でした・・・

1776年アメリカ独立宣言から200年・・・

1976年に、アメリカ独立200周年を記念して、
いろいろなブランドから記念ボトルが発売していたそうです。

確か前に、虹で見たボトルの中で、
アーリータイムズの陶器のボトルも見たのを思い出しました。


先日近所の飲み屋さん【虹】へ行ったときに飲んだバーボンです。
バーボンウィスキー【WILLETT】
CA3H01790001
虹のお店紹介の記事です→http://poririn.doorblog.jp/archives/7095890.html

ウィレット・・・


ウィレット蒸留所は1980年代に、
大気汚染や廃棄物処理などの環境問題に対応できず蒸留所を停止。
ウィレット蒸留所はもう現存していません…
現在ではケンタッキー・バーボン・ディスティラーという会社になっています。


口にふくむと・・・力強く・・・そして、甘く深い余韻の香りが続く幸せ・・・

香り豊かな美味しいバーボンが減っていく中、
久々に美味しいバーボンを飲みました(*´∀`*)

このページのトップヘ