足跡

当ブログは98%生活に必要の無い内容で構成されていきます! 覗いていただいて少し寛げれれば幸いです♫

カテゴリ: 雑学

【七草粥】
PICT_20150105_224606

毎年日本の1月7日は、
『七日正月』 や 『七日節句』 という、
七草がゆを食べる風習があります。


もともとの由来は、中国の風習だったそうです。

中国では、『七日正月』を、
お正月の7日後が、1つの節目になっているので、
七種類の野菜を食べて、
邪気を祓える風習として、七草粥を食べていたそうです。


その頃の日本では、
十五日の『小豆粥』の影響により、
米、麦、稗、粟、黍、小豆、胡麻などの、
穀物を使った汁物を食べて、
五穀豊穣を祈っていたそうです。

室町時代に、その影響をうけて、
汁物から粥へ変わったと考えられているそうです。

そんな七草粥。

邪気を払い万病を除く風習だけでは無く、
お正月の御節料理や暴飲暴食で疲れた胃を休め、
野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補い、
身体をリセット、食生活をリセットする、
節目にもなっています。

七草には、
『春の七草』 と 『秋の七草』 の合計14種あり、
無病息災を願った七草粥に使用されるのは、
春の七草です。


秋の七草は、

・萩 ・尾花→薄  ・葛花→ 葛 ・撫子
・女郎花 ・藤袴 ・朝貌→・桔梗

秋の七草は、
基本的に食べられるものは少なく、
鑑賞用として楽しむ植物が多いようです。



そして、春の七草とそれぞれの草の意味。

・芹(せり)           競り勝つ

・薺(なずな)         撫でて汚れを除く

・御形(ごぎょう)       仏体
 
・繁縷(はこべら)      繁栄がはびこる

・仏の座(ほとけのざ)    仏の安座
 
・菘 ・鈴菜(すずな)    神を呼ぶ鈴

・蘿蔔 ・清白(すずしろ)  汚れない精白


お恥ずかしい話ですが、
何気なく今まで風習で食べていましたが、
日本人として、
そんな風習の意味合いを理解しておくのも大事だと、
今になって思うようになりました。

忘れないように、
メモ代わりにでも本日UPしておきます(;´∀`)

インスタントラーメンのつゆについて、
疑問を持ったことがありますか?

『スープは、火を消してからお入れください』

って、やつ!

CA3H34240001

何で、火を消してから???

って、思ってる人もいるはず・・・。


実は、メーカーさんの苦情やアンケートによると、
インスタントラーメンのスープを入れる際、
コンロの火や湯気で、
熱っとなって鍋をひっくり返したりして、
やけどが多かった結果、
その注意書きがあるとか・・・・。

他にも、
煮立たせるとスープの風味が損なわれる(変わる)と、
いう専門的な意見も・・・。

と、いうわけで、ラーメンスープは、
鍋の火を消してから入れるのが、良いようだ・・・・。


本日10月1日は・・・。

日本酒の日

って、ご存知でしたか?

CA3H28510001

吞兵衛さん関係が、よく目にする・・・、
いや、経験している酒に関する漢字といえば、
酔、酎、酩、酌、醸、醪、・・・など、
「酉(とり)」が付いていますね。

昔は、「酉」だけで酒を意味していたそうです。

「酉」は酒壷を表す象形文字で、
象形文字では、
酒を熟成させるために用いた酒壷の形のようにみえます。

十二支の中の10番目のとしても使われており、
酉の月、10月は新穀の実る月である事からして、
穫り入れた新穀を使い酒造りを始めた月なので、

「酒の月」

からして、酒造元日である10月1日が、
「日本酒の日」となったそうです。

初夏を迎え、夏本番までもうすぐ!

しっかりと朝から蝉の鳴き声も聞こえる。

家(店)の周りを見ると・・・。

毎年の事なのだが、蝉の抜け殻が沢山あった。

CA3H22350001

木々には何匹もの抜け殻があり、
長年の地中でのモヤモヤした生活を発散する為、
夜の繁華街へ遊びに出かけるかのように、
成虫は旅立って行ったのであろう。

人間に例えるならば、蝉の脱皮は就職活動のようである。

自分の長年の成果を、場所を選んで一生懸命と、
花を咲かせようとしている。

一般的には木々が多いが、時には木々の枝先や葉や、
安定しない草などの雑草だったり・・・。

CA3H22360001

家の壁や塀などの人工物などで頑張って大人に成長するものもいる。

CA3H22400001

お店のドアで頑張った蝉もいた!
地上へ出てココまで歩いてくるのも大変だったと思う。

CA3H22390001

自転車のカバーなんて滑りやすい環境で苦労して旅立ったものも数匹いた!

CA3H22380001

こうして無事成虫になれても、
成虫でいられる期間は幼虫と比べればほんのわずかだ!


CA3H22340001

中には脱皮途中(羽化)に力尽きていたものもいた。

何があったのか、さまよっている間にひっくりかえって息絶えたものもいた。

羽化を失敗し、羽が曲がり飛べずに数日後・・・、蟻の餌食になるものもいる。



こうした蝉の幼虫や抜け殻を見ていて思った・・・。

俺はまだ幼虫のまま、中途半端に生きていないだろうか?

何気なく生きていて、
一所懸命に生きる気力を無くして抜け殻にはなっていないだろうか??

自分が輝ける瞬間がいつ来るかはわからない。

不運な事故で成虫になれず、無念な人生をむかえる者もいる。

立派に輝く自分になる為に、この蝉の幼虫のように今を頑張って、
一生懸命生きないといけないと思った。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


蝉の成虫の寿命は約1週間から10日ほどとよく言われますが、
本当は1ヶ月ほど成虫で生きているそうです。

蝉の一生は、卵→幼虫→成虫の流れで、

木に植えつけられた卵からかえると、幼虫として地面へ潜り、
地下生活する事10数年(3~17年)・・・。

昆虫の中では長寿組に入る長さを持つ寿命なんですね。

※幼虫期のアブラゼミは6年。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


夏なんで蝉の恐怖体験・・・。

蝉が人の体にとまったら、
人を樹木と誤認して口吻を皮膚につき刺すことがあるそうで、
蚊のように血を吸ったり、毒液を注入する事はないですが、
刺された人はかなりの激痛を感じるようです(((( ;゚д゚)))


12年ほど前の事・・・。

暑い暑い深夜に、友人と花火をやることになり公園で花火をやったら、
公園中の蝉が飛んで来るという恐ろしい体験をしたことがあります。

調べたところちょっと出てきませんでしたが、過去に聞いた話・・・、
細かい事(条件)を覚えてませんが、
蝉の習性で気温と光度の関係上、条件が揃った場合、
ある程度(条件の数値)の光に集まる習性があるそうで、
その日その公園での出来事は、その条件が整っていたらしい・・・。

かなり恐ろしい体験でした!
物凄い勢いで花火に集まってきた公園中の蝉が体当たりして大騒ぎ!!
痛いしうるさいし・・・深夜に近所迷惑でした。

最初何が何だかわからないので、超怖い体験でした(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?




このページのトップヘ